リモートワーク

リモートワークのトラブル3選!対策解説もします♪



急激に進む企業のリモートワーク導入により、準備も出来ないままリモートワーカーになった方も多いと思います。

「拘束時間が短い」「効率的に仕事が出来る」などのメリットがある反面、今まではおきなかったトラブルが発生することも多いようです。

今回は、リモートワークでおこりやすいトラブル3選を紹介します。対策についても解説するので参考にしてください。

コミュニケーション不足によるトラブル

リモートワークは、離れて仕事をします。同じオフィスにいれば分かるようなことも、リモートワークでは伝わりません。

具体的には、「3つのズレ」が発生しやすいそうです。

スピード感のズレ

リモートワークは、出勤型と比べて進捗管理がしにくいです。定期的な会議をしていたとしても、メンバーが急につまずくこともあります。

同じオフィスなら「忙しそう」「手が止まってる」などみて分かることが、リモートワークでは分かりません。

スピード感がズレると、仕事の効率や質が落ちてしまうでしょう。

認識のズレ

伝わってると思っても伝わってない、やってると思ったら後回しにされてた。これはリモートワークのあるあるです。

認識のズレは、モチベーションにも影響を与えます。文字だけで感情まで伝えることは難しいので、会話以上に気を付けないと大きなトラブルに繋がるでしょう。

手法のズレ

仕事のやり方に正解はないとは言いますが、効率のいいやり方はあります。

今までは隣の人がやっているのを見て真似をしたり、周りからアドバイスを自然ともらえました。しかし、リモートワークではどこが悪いのか他の人はどうやっているのか見えにくいです。

例えば営業であれば、「あのフレーズいいな!」とパクることができなくなってしまうのです。

コミュニケーション不足によるトラブルの対策

コミュニケーションのやり方や感じ方は人それぞれなので、これだけやっておけばいい便利な対策法はありません。

ただし、出勤型で働いていた時より「丁寧に」「こまめに」リアクションをすることを心がければ抑制はできます。

何か作業をしてもらったときは、チャットのリアクション機能を使うだけではなく一言「ありがとう」という言葉を添える。これだけで相手の心象は大きく変わります。

面倒だと思わずに、「丁寧に」「こまめに」リアクションしましょう
また、定期的に会議や雑談会をすることも重要です。

ネットワークや機器のトラブル

現在はネット社会なので、離れて仕事をする場合は携帯からの電話や郵送などではなくネットで完結させることが多いです。

そのため、ネットワークに関するトラブルも頻発しているようです。

回線トラブル

リモートワークにとってネット回線は命綱です。ネットがつながらなくてもできる仕事はありますが、ほとんどの仕事が作業のどこかのタイミングでネット回線が必要となるでしょう。よく起こるトラブルは2つ

【回線が重い】
光回線を引き、有線接続ができれば速度が遅くなることはあまりありません。しかし、間取り的に有線接続が難しい。急にリモートワークになったから光回線が引けてないという方は速度に悩まされるでしょう。

【引越し】
すでに回線が通っているマンションであれば、回線を引くのに時間はかかりません。しかし、回線が引かれていないマンションや戸建てだと開通まで2~3ヶ月かかることもあるようです。

災害によるトラブル

近年の異常気象により、被害を受けてしまう人が増加傾向にあります。

リモートワークでは、ネットもそうですがパソコン等電気が必要なものをよく利用します。また、水道やガスに関しても止まってしまうと仕事どころではありません。

リモートワークにより、社員が全国に散らばっていると災害を受けた人の仕事がストップしてしまいトラブルに繋がることもあるでしょう。

パソコンのトラブル

意外と多いのがパソコンのトラブルです。

トラブルといってもパソコンが壊れた取ったトラブルというより、不注意や整備不良によるトラブルが多いです。

【セキュリティ面】
誰かに見られている感覚が薄れるため、会社のパソコンで個人的に使ってしまう方がいます。これにより、ウイルスが検出されるなどのトラブルが発生しているようです。

【アップデートしてない】
パソコンは定期的にソフトウェアのアップデートを求めてきます。これを行っていないと動作不良が起きるのです。そして、このアップデートには時間がかかる場合があり、会議直前などに行い遅れるという方も多いようです。

ネットワークや機器トラブルへの対策

ネットワークトラブルへの対処法としては、モバイルWi-Fiを持っておくことがおすすめです。もしもの時もネットワーク環境を構築してくれます。または、携帯のデザリング契約をしておくのもおすすめです。

私のおすすめとしては、楽天モバイルが提供しているモバイルWi-Fiがおすすめです。
理由は2つ、「速度制限なし」と「料金体系」です。
楽天のエリアであれば、通信制限なしで使えるため通信料を気にせずに使えます。また、1G以下であれば通信料がかからないため予備として持っておくのにおすすめなんです。しかも、現在はキャンペーンで機器が1円で購入でき、楽天ポイントが5,000ポイントもらえます。
楽天モバイルの携帯自体も安いので、併せて乗り換えるのも有ですね。

機器トラブルに関しては個人的な用事に使わないことと、機器のアップデートを終業のタイミングでこまめにしておくことで解決できるでしょう。

環境面でのトラブル

会社は仕事がしやすいように環境が整えられていますが、自宅でも同様にすることは困難です。

仕事部屋が作れない

一番多いのが、仕事部屋を作れないことで発生するトラブルでしょう。

「音が気になる」「仕事に集中できない」など、仕事専用の部屋で仕事をすることで起きるトラブルは様々です。また、仕事部屋を作れる間取りであっても、仕事がしやすいようにするには備品を購入する必要があります。

結果的に、仕事のしやすい環境で働ける方は少なくなってしまうため仕事効率が悪くなる可能性があるでしょう。

子供の声や姿が出てしまう

子供の行動は予測不能です。

会議や商談をしていても、急に部屋に入ってきたり奇声を上げたりすることがあります。実際私も商談中に子供が奇声を何度も上げるものだから、お客さんに静かになってから電話してきてと電話を切られたことがあります。

環境面トラブルへの対策

引越しができれば一番いいのですが、誰もがすぐに引っ越せるわけではないと思います。

なので、まずはできることから始めましょう。
①防音対策をする
②同居人に協力を求める
③生活リズムを整える

同居人と別室で働けるのなら、扉に防音スポンジなどを張り固定することで防音と進入を防ぎましょう。同居人と同室で仕事をする場合は、この時間だけは静かにしてほしいなど協力してください。また、生活リズムを整えることで子供のリズムも整うので予想外の動きを抑制できます。

後はあきらめも肝心です。特に子供は悪いことが分からないので、腹を立てても効率が悪くなるだけ!割り切って働くよう心がけましょう。

未然に防いで自由に働こう

急なリモートワークで戸惑っている方や、リモートワークがしたいけど環境的に難しいと思っている方も多いでしょう。確かにリモートワークにはデメリットもありますが、しっかりと対策をすれば自由に働ける働き方だと思います。

最近は、口コミサイトにも企業ごとのリモートワーク対するコメントが増えてきました。口コミから問題解決に繋がることもあるので、是非確認してください。トラブルを未然に防ぎ、リモートワークをこのまま継続していけるようみんなで頑張っていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まも

会社員兼ライターです♪ とにかく新しいことが大好きなので、今はサブスクで色んなことを試してます。 サブスクの経験談や新着情報を発信していくので、お楽しみに! あっ!あと上場企業で第一号フルリモート社員として参画したので、 リモートワーク情報についても紹介していきますね。 (サブカテゴリーなので、更新頻度は低いかもwww)

-リモートワーク
-, , , , , ,