柏レイソル×浦和レッズ試合予想と書かれた画像

Jリーグ(2023) WINNER(勝敗予想)

柏レイソル×浦和レッズ|勝敗予想【WINNER(ウィナー)でJ1全試合予想/第6節】



こんにちわ、まも(@NTeuk2)です。

J1全試合予想!本日は、Jリーグ6節柏レイソル×浦和レッズを予想していきます。

Jリーグ全試合観れるのはDAZNだけ!
テレビ観戦しながらWINNERを楽しもう♪

DAZN

柏レイソル×浦和レッズの勝敗予想

私は0-1で浦和レッズの勝利を予想します。

浦和レッズの勝利を予想した理由は後程紹介しますが、まずはオッズの確認をしてみましょう。

オッズ確認

公開され次第、更新します。

AI予想確認

公開され次第、更新します。

柏レイソル×浦和レッズの勝敗予想詳細

昨季の対戦成績

浦和の勝ち越し

浦和×柏(4-1)
柏×浦和(0-0)

4節終了時点で未勝利の柏レイソルと、2連勝で波に乗り始めた浦和レッズの対戦。

昨季は、浦和レッズがホーム戦での強さを見せつけ圧勝しました。今節は浦和レッズにとってアウェイ戦となりますが、浦和レッズが勝利すると予想します。

なぜなら…

ポイント

・決定機を決めきれない

・西川の好調

決定機を決めきれない

両チームともここまで、得点力不足で苦労しているようです。

4節終了時点での得点は共に3点となっており、両チームのポテンシャルを考えると寂しい結果に…。

1試合に数本は決定的なチャンスを作れているのですが、決めきれていない状況。

西川の好調

浦和レッズの失点数は、4節終了時点で5点と良い数字とは言えません。

裏を取られたり、セカンドボールへの反応が遅れるなどピンチを招く場面が多いです。

そんな中、5失点とリーグの平均位を保てている理由は西川選手の好調にあるでしょう。

シュートストップ能力が高く、決定的なピンチであっても止めてくれるため決定力の低い現在の柏レイソルでは得点が難しいと予想します。

DAZN

柏レイソル

引用元:柏レイソルHP

チーム情報

【本拠地】
千葉県

【昨季順位】
7位(13勝/8分/13敗)

【昨季得失点】
43得点/44失点

【最多得点選手】
細谷 真大選手(8点)

【最多アシスト選手】
マテウス サヴィオ選手(5点)

▼所属メンバー


チーム状況

「VITORIA(ビトリア)

ポルトガル語で勝利を意味する言葉をスローガンにしています。

何故ポルトガル語かと言えば、ネルシーニョ監督がブラジル人だから…。

J2・J1で奇跡の2期連続優勝をしてからリーグ戦でのタイトルからは遠のいています。

チーム戦術(簡単に)

相手を引き込んでのカウンターが強み

柏レイソルの基本フォーメーションは、3-1-4-2(DF3人、守備的MF1人、攻撃的MF4人、FW2人)。

自陣でのボールを回すことが多いチームです。積極的にボールを奪いゴールへと向かう縦への速さが特徴。

不安要素

得点力不足
昨季は43得点/44失点と失点の方が多い結果に…。失点数はそこまで悪くないですが、得点数が伸びていないのが厳しい。失点数を得点が大きく上回らなければ優勝は難しい。

セットプレーを活かせない
柏レイソルがセットプレーから得点する確率は極端に低く、優勝を狙うチームとしては致命的です。もう少しセットプレーのバリエーションを増やさないと、上は見えてこないでしょう。

注目選手

マテウス・サヴィオ選手

柏レイソルの新エースとして注目されている選手。

スピードのあるドリブルと独特なタッチで、得点とアシストを量産する柏のチャンスメイカーです。

相手をあざ笑うかのように突破するドリブルとパスは分かりやすくうまいので、初めてサッカーを見る方は彼を見ているだけでも楽しめますよ。

浦和レッズ

引用元:浦和レッドダイヤモンズHP

チーム情報

【本拠地】
埼玉県

【昨季順位】
9位(10勝/15分/9敗)

【昨季得失点】
48得点/39失点

【最多得点選手】
ダヴィドモーベルグ選手(8点)

【最多アシスト選手】
岩尾 憲選手(6点)

▼所属メンバー


チーム状況

「優勝」

浦和レッズは知名度が高いチームで強い印象があるチームですが、意外と優勝は1回のみ。

昨季は序盤で躓き、終盤で立て直しましたが9位という不本意な結果に終わりました。

当然優勝を狙ってくるチームなので、得点力を向上させられるかが勝負のカギとなるでしょう。

チーム戦術(簡単に)

中央でのドリブル突破が強み

浦和レッズの基本フォーメーションは、4-2-3-1(DF4人、守備的MF2人、攻撃的MF3人、FW1人)。

サイドに選手を配置していますが、中央からの攻めから得点することが多いチームです。セットプレーからの得点率も高く、相手ゴールの近い位置でセットプレーは期待大。

不安要素

好不調の波が激しい
得点と失点のバランスは良く、この得失点差ならもっと上位でもおかしくないでしょう。しかし、好不調の波が激しくき引き分けが多いのが上位に食い込めない理由でしょう。

サイド攻撃を活かせない
浦和レッズには、酒井宏樹をはじめとしたサイドから攻撃参加できる選手がいます。しかし、中で合わせるのがうまい選手が不足しており、中央からの崩しに依存している状況です。

注目選手

興梠慎三選手

浦和レッズで累計10年目のシーズンとなる、浦和レッズの象徴的な選手。

36歳と選手としては晩期を迎えるFWですが、昨季もコンサドーレ札幌で素晴らしい決定率を誇り少ないチャンスをものにできる選手であることを証明しました。

年齢的に出ずっぱりは厳しいと思いますが、勝ちきれない試合が多い浦和レッズに勝負強さを与えるピースになるでしょう。

そろそろ勝ちが欲しい柏

4節終了時点で、まだ勝がない柏レイソル。

今のままのペースで行くと残留すら危うい状況です。序盤とはいえ、上位を目指す柏にとってこれ以上の敗戦は致命的。

2連勝中の浦和レッズにどのように挑むのか、期待しましょう。

さて結果はいかに…。

\ サッカー観るならDAZN /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まも

会社員兼ライターです♪ とにかく新しいことが大好きなので、今はサブスクで色んなことを試してます。 サブスクの経験談や新着情報を発信していくので、お楽しみに! あっ!あと上場企業で第一号フルリモート社員として参画したので、 リモートワーク情報についても紹介していきますね。 (サブカテゴリーなので、更新頻度は低いかもwww)

-Jリーグ(2023), WINNER(勝敗予想)
-, , , ,