横浜F・マリノスを紹介2024最新版

Jチーム紹介

【Jリーグ2024:最新版】横浜F•マリノスの選手・フォーメーション・戦術を分かりやすくに解説



今回紹介するチームは、横浜F•マリノス。

今年からJリーグを見ようと思っている方でも分かりやすいように、所属選手や監督、チームの戦術的特徴や弱点を超簡単に解説します。
注目選手も紹介しているので、その選手を中心に見れば試合が楽しめるはず。

あなたは現地派?TV観戦派?

現地観戦なら
チケットぴあがおススメ!
生の雰囲気を味わおう♪

チケットぴあ

TV観戦なら
全試合観られるDAZNがおススメ!
しかも、DMM×DAZNホーダイなら
毎月1,270円おトクに楽しめる!!

横浜F•マリノス

引用元:『横浜F・マリノスオフィシャルサイト

チーム情報

【本拠地】
神奈川県横浜市
日産スタジアム

【創設】
1972年

【獲得タイトル】
・J1リーグ:5回
・天皇杯:2回
・ルヴァンカップ:1回
・スーパーカップ:1回

【チームスローガン2024】
Brave & Challenging 勇猛果敢

昨季の成績
J1リーグ:2位(64p)
(19勝7分8敗63得点40失点)

【最多得点選手】
アンデルソン•ロペス(22点)

【最多アシスト選手】
ヤン•マテウス(11点)

所属選手

登録背番号選手名出身地生年月日身長/体重
GK1ポープ ウィリアム東京都1994/10/21192/89
21飯倉 大樹神奈川県1986/6/1181/75
31白坂 楓馬神奈川県1996/12/5182/78
41寺門 陸神奈川県2002/11/23182/80
DF2永戸 勝也千葉県1995/1/15173/72
4畠中 槙之輔神奈川県1995/8/25185/83
5エドゥアルドブラジル1993/4/27184/84
13小池 龍太東京都1995/8/29170/65
15上島 拓巳千葉県1997/2/5186/82
16加藤 蓮北海道1999/12/28175/72
19實藤 友紀徳島県1989/1/19179/72
24加藤 聖兵庫県2001/9/16171/66
26小池 裕太栃木県1996/11/6172/68
27松原 健大分県1993/2/16180/77
39渡邊 泰基新潟県1999/4/22180/75
44吉田 真那斗静岡県2001/11/16173/68
MF6渡辺 皓太神奈川県1998/10/18166/66
8喜田 拓也神奈川県1994/8/23170/64
17井上 健太神奈川県1998/7/23171/69
18水沼 宏太神奈川県1990/2/22177/72
20天野 純神奈川県1991/7/19175/67
25吉尾 海夏兵庫県1998/6/28169/66
28山根 陸神奈川県2003/8/17173/65
29ナム テヒ大韓民国1991/7/3174/70
35榊原 彗悟埼玉県2000/10/9170/60
47山村 和也長崎県1989/12/2187/85
48植田 啓太神奈川県2002/9/3175/71
FW7エウベルブラジル1992/5/27170/70
9西村 拓真愛知県1996/10/22178/73
10アンデルソン ロペスブラジル1993/9/15185/82
11ヤン マテウスブラジル1998/9/4170/71
14植中 朝日福岡県2001/11/1179/75
23宮市 亮愛知県1992/12/14181/77
37塩貝 健人東京都2005/3/26180/77
38村上 悠緋北海道2000/12/19178/72

競合が少ないJリーグは穴場‼
稼げる競合サッカーゲーム『Sorare(ソラーレ)』はこちらから

J1開催スケジュールと注目試合

前半戦でおすすめのホームゲームは2節•5節•13節。

アウェイゲームに行くなら、お近くの開催地がおススメ!

チケット購入はチケットぴあで♪

おススメ応援グッズ

横浜F•マリノスのフォーメーションと戦術

横浜F•マリノスの基本フォーメーションは4-2-1-3。

攻撃時は片側のサイドバックが一列上げて内側に絞る偽サイドバックを作る3-2-2-3と、絞らず幅をとる4-2-1-3を併用。

守備時は中盤の西村を前線に上げプレスをかける4-4-2に可変する。

戦術的特徴

ハイライン&ハイプレス

横浜F•マリノスは最終ラインを高く保ち、アグレッシブで攻撃的な守備を構築するチーム。

守備位置を前に持ってくることでコンパクトな守備を可能としており、前線でのボール奪取からの2次•3次攻撃を得意としています。

ビルドアップ&ハーフスペース

横浜F•マリノスは、テンポの良いパスとサイド突破が魅力のチーム。

GKを含めた後方からのビルドアップを基調とした戦術を採用し、『偽SB』で幅を持たせながら前進します。

サイド攻撃においては、『ハーフスペース』の使い方がうまいチームです。

【偽サイドバック】

【ハーフスペースの利用】

不安要素

被シュートが多い

横浜F•マリノスは、昨季3番目にシュートを打たれた回数が多いチーム。

ラインを高く設定しているため、アタッキングゾーンに侵入される=相手のシュートチャンスになりやすいです。

上位陣の中では圧倒的に失点数が多く、安定感があるチームとはいえません。

リーグ1の得点力でカバーしていますが、攻撃は水物ともいわれますので改善が求められるでしょう。

主力放出による停滞

過去5シーズンで優勝2回、2位2回とJリーグのトップを走る横浜F•マリノス。

海外のクラブからも注目が集まりやすく、戦術が海外クラブとマッチしやすいのも相まって、主力の放出が毎シーズン発生しています。

チームとしてのスタイルは確立していますが、毎シーズン穴埋めに追われ上積み出来ていません。

WINNERは楽天toto

楽天IDで簡単登録&購入できちゃう♪
WINNERするならRakuten toto

年会費永年無料の楽天カードでの購入なら
ポイント2倍Get!!
今なら新規入会で5000Pもらえちゃう!?

注目選手

横浜F•マリノスの注目選手はこちらの3名

  • エウベル
  • 渡辺 皓太
  • アンデルソン•ロペス

エウベル

エウベルの特徴は、相手を一瞬で置き去りにできるスピードです。

加えて小柄ながらボディバランスにも優れており、1対1で止めるのは難しい選手と言われています。

キックの精度にも定評があり、クロスやスルーパスでのチャンスメイクも多く横浜F•マリノスの攻撃を支えています。

渡辺 皓太

渡辺皓太は、突出した俊敏性を兼ね備えたボランチです。

前後左右に早く、長く動ける俊敏性と運動量でいち早くポジションをとり、パスの中継やセカンドボールの回収に貢献します。

昨季はミドルシュートから2得点するなど、アタッキングゾーンでの怖さを出てきた選手です。

アンデルソン•ロペス

アンデルソン•ロペスは、高い得点力が魅力の選手。

難しい体制からでもコースを狙ったシュートを打つことができ、クロスボールに合わせる技術が高いです。

ボールを足元に収めるのもうまく、選手が上がる時間を作ったり、シンプルに叩いて動き直しをするなどポストプレーでも違いを見せれます。

現地観戦ならチケットぴあ

チケットぴあ

TV観戦ならDAZN

DAZN
サッカーショップ加茂
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まも

会社員兼ライターです♪ とにかく新しいことが大好きなので、今はサブスクで色んなことを試してます。 サブスクの経験談や新着情報を発信していくので、お楽しみに! あっ!あと上場企業で第一号フルリモート社員として参画したので、 リモートワーク情報についても紹介していきますね。 (サブカテゴリーなので、更新頻度は低いかもwww)

-Jチーム紹介
-, , ,