ヴィッセル神戸×アルビレックス新潟試合予想と書かれた画像

J勝敗予想(2023) WINNER(勝敗予想)

ヴィッセル神戸×アルビレックス新潟|勝敗予想【WINNER(ウィナー)でJ1全試合予想/第7節】



こんにちわ、まも(@NTeuk2)です。

J1全試合予想!本日は、Jリーグ7節ヴィッセル神戸×アルビレックス新潟を予想していきます。

会場観戦はチケットぴあ

Jリーグのチケット順次販売中!

チケットぴあ

テレビ観戦はDAZN

全試合観れるのはDAZNだけ!

DAZN

ヴィッセル神戸×アルビレックス新潟の勝敗予想

私は2-0でヴィッセル神戸の勝利を予想します。

ヴィッセル神戸の勝利を予想した理由は後程紹介しますが、まずはオッズの確認をしてみましょう。

オッズ確認

公開され次第、更新します。

AI予想確認

公開され次第、更新します。

チケットぴあ

ヴィッセル神戸×アルビレックス新潟の勝敗予想詳細

昨季の対戦成績

昨季対戦なし

5節終了時点で首位に立つヴィッセル神戸と、8位と大健闘しているアルビレックス新潟の対戦。

選手層的にはヴィッセル神戸の方が上に感じますが、アルビレックス新潟にはそれを覆すだけの勢いがあるため予想が難しい試合となるでしょう。

私が2-0でヴィッセル神戸が勝利すると予想した理由は…。

ポイント

・前線の守備が良い

・クリアが甘い

前線の守備が良い

ヴィッセル神戸は、前線でボールを奪うことがうまいチーム。

今季は特に前線の守備形成が良、うまくボールの逃げ道を消せているので奪ってからのショートカウンターがハマっています。

また、大迫選手の調子も上がってきたため少ないチャンスでも得点が取れるようになりショートカウンターの効率が良くなりました。

アルビレックス新潟はスピード感あるカウンターが大きな武器となりますが、前線につなげる前にカットされればピンチとなるでしょう。

クリアが甘い

アルビレックス新潟の攻撃陣は好調をキープしていますが、安定して勝利を得るためには守備陣の改善が求められるでしょう。

特にセットプレーの際など、選手が密集している状況でのクリアミスが多

ヴィッセル神戸には初瀬選手を筆頭に質の高いパスを出せる選手と、大迫選手のようなポストプレーがうまい選手がいるためクリアミスからの失点が生まれると予想しました。

DAZN

ヴィッセル神戸

引用元:ヴィッセル神戸HP

チーム情報

【本拠地】
兵庫県

【昨季順位】
13位(11勝/7分/16敗)

【昨季得失点】
35得点/41失点

【最多得点選手】
大迫 勇也選手(7点)

【最多アシスト選手】
汰木 康也選手(5点)

▼所属メンバー


チーム状況

the No. 1 Club in Asia ~一致団結~

アジアトップのクラブを目指いして、楽天の全面支援により大型補強を繰り返している神戸。

しかし、いまいち結果がついてこない。昨年は13位とメンバーのネームバリューから考えると厳しい状態。

楽天の経営も心配されているため、これまでのように世界トップレベルの選手を連れてくるのは難しい中結果を残せるか…。

チーム戦術(簡単に)

コンパクトな守備とボール保持が得意

ヴィッセル神戸の基本フォーメーションは、4-2-3-1(DF4人、守備的MF2人、攻撃的MF3人、FW1人)。

自陣でボールを保持してパスを回しながら相手のスキを探すスタイルで、左サイドからの切込みが多いチームです。守備時は横幅をコンパクトに保ち、中を固め最後をやらせないスタイル。

不安要素

イニエスタを活かせない
バルセロナやスペイン代表で世界1を勝ち取ったイニエスタ選手。38歳になった今も技術力はピカイチですが、彼を活かせる選手がいない。チーム全体でもう少しパススピードを上げたいところだが…。

大迫がストライカーになれるか
大迫勇也選手は元々点を取れる選手でしたが、海外へと舞台を変えてからはつなぎ役になることの方が多くなりました。ヴィッセル神戸では、得点を量産できる選手がいないので大迫選手がストライカーに戻れるかはキーとなるでしょう。

注目選手

イニエスタ選手

現契約が今季までとなっており、今季終了後には引退の噂がささやかれています。

世界一を取ったころと比べるとキレはなくなっていますが、すべての技術力において群を抜いている選手。

現役を見れるのは最後かもしれません。ぜひ見ておきたい選手ですね。

アルビレックス新潟

引用元:アルビレックス新潟

チーム情報

【本拠地】
新潟県

【昨季順位】
J2で1位(25勝/9分/8敗)
※自動昇格

【昨季得失点】
73得点/35失点

【最多得点選手】
谷口 海斗選手/伊藤 涼太郎選手/高木 善朗選手(9点)

【最多アシスト選手】
伊藤 涼太郎選手(11点)

▼所属メンバー


チーム状況

「頂」

昨季はJ2で圧倒的な強さを見せ、最高得点と最少失点で1位を獲得しJ1の舞台に6シーズンぶりに帰ってきました。

いきなり「頂」を目指すのは難しいでしょうが、「頂」を目指すための準備期間としてどう過ごせるかが大事なシーズンとなるでしょう。

チーム戦術(簡単に)

ボールを持ってゲームをコントロール

アルビレックス新潟の基本フォーメーションは、4-2-3-1(DF4人、守備的MF2人、攻撃的MF3人、FW1人)。

ボールを支配し、パスを繋ぎながら相手のスキや守備のズレを狙って得点を奪うスタイル。

得点力がある選手が多く、どこからでも得点が取れるのが魅力でしょう。

不安要素

J1でもボールを支配できるか不透明
J2では格下のチームが多いのでボールを支配できましたが、J1では格上のチームが多く守備もより強く速いので昨季同様のスタイルで行けるかは微妙。自陣でボールを刈り取られて失点という危険性が高いかも…。

エースがいない
誰でも得点が取れるチームですが、逆を言えばこいつに任せておけばというエースがいないとも言えます。安定した得点力を得るためには、エースの獲得が不可欠でしょう。

注目選手

伊藤涼太郎選手

昨季、得点とアシスト両方でチーム最高値をたたき出した攻撃の中心選手。

体の使い方がうまく、相手に取られないところにボールを置くことができるため狭いスペースでもうまくつなぐことができます。

彼がボールを繋げるかが、チームがボールを支配できるかに直結するため注目です。

点の取り合いになる可能性も

私は、2-0でヴィッセル神戸の勝利を予想しました。

両チームとも攻撃力が高いため、点の取り合いになる可能性もあるでしょう。

しかし、そうなった場合でも守備力の面で優位性がある神戸の方が有利であることは変わらない。

アルビレックス新潟がドラマを作れるか、期待しましょう。

さて結果はいかに…。

\ 観戦すればWINNERがより楽しい /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まも

会社員兼ライターです♪ とにかく新しいことが大好きなので、今はサブスクで色んなことを試してます。 サブスクの経験談や新着情報を発信していくので、お楽しみに! あっ!あと上場企業で第一号フルリモート社員として参画したので、 リモートワーク情報についても紹介していきますね。 (サブカテゴリーなので、更新頻度は低いかもwww)

-J勝敗予想(2023), WINNER(勝敗予想)
-, , , ,